母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

世間から見た未婚シングルマザー

2016/06/17

未婚のシングルマザーへの偏見

シングルマザーの中には、未婚にも関わらず出産した人もいます。
彼女たちは強く生きていますが、常に世の中の偏見に
晒されています。
そんなツライ心境を語ってくれた女性がいます。

世間から見た未婚シングルマザー

母子家庭になった理由は人それぞれだと思います。
離婚した人、未婚のまま子供を産んだ人など。
一口にひとり親世帯と言っても、様々な形があるのです。

ちなみに私は未婚シングルマザーです。父親の認知はありません。
なので当たり前ですが養育費というものもありません。
出産後の生活費はどうするのかなど、友人や知り合いから
尋ねられることは多々ありましたし、どうして産んだのかと
聞く人もいました。

両親が揃っていれば、妊娠後に産むか産まないかで悩む夫婦は
あまりないでしょう。金銭的に無理であれば別ですが。
それが未婚の場合は産むのかを問われるのです。

自分の子供がお腹の中にいるということ自体は
既婚ママも未婚ママも同じです。
その子を産み育てたいと思う気持ちに違いはないはず。
それなのに今後の人生どうするのかと聞かれるのです。

未婚で子供を産むことが非常識と考える人が多い中で、
特に日本では私のような考えを持っていると生きづらい時も
ありますが、母となると決めた以上何がなんでもでも子供を守り、
共に生きていかなければならないのです。
その覚悟は知らないうちに決まっていました。

私は両親の協力を得る事が出来ない環境でした。
学歴や手に職があるわけでもなく普通より厳しい環境だった
かもしれません。この子と一緒ならどんな苦労も
乗り越えられると、何の根拠もない自信だけはありました。

全てを自分で決めて、全ての責任を取らなければならない。
若さゆえにことの重大さがわかっていなかったのかもしれません。
今もわかってはいないと思いますが、シングルマザーだから大変
という事もなく、子供を育てるということ自体は多くの女性が
やっていることであり、やって当然と考えています。

しかし、世間の目はなかなか厳しいで時もあります。
特に年配の方の見る目はなかなか厳しいです。
未婚シングルマザーというのは道から外れた人
として扱われる事が多いのも事実です。

偏見や哀れみで悲しくなることもあります。
ですが、我が子との生活はかけがいのないものなので、
世間の声は聞き流し、前向きに生きていこうと思います。

-シングルマザー
-