母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

関西のマイルドヤンキー

2016/07/20

関西出身のOLが地元の友人の結婚式に出席しました。
そこに集まったのは、地元と仲間を愛する
マイルドヤンキーたちでした。

東京とは違う関西のマイルドヤンキー

都内在住のOLです。
関西出身の同僚がいるのですが、
彼女の地元の友人の話を聞いて、
マイルドヤンキーって本当にいるんだなと思いました。

彼女は短大入学を機に上京し、そのまま東京で
就職したのですが、地元を離れて就職する人は
かなり少数派なのだそうです。

多くは高校卒業後、地元で就職し、適齢で結婚、出産をして、
家族を持つそうです。

日本の大学進学率は相当高いだろうと思っていたので、
最初聞いたときは信じられない気がしました。

先日、彼女は結婚式に出席するため、
地元に帰りました。
高校の同級生の女性が、同じ学校出身の先輩と
できちゃった結婚をしたそうです。

その先輩は就職しておらず、地元のガソリンスタンドで
アルバイトをしています。
周りの女友達たちは、生活できるのか心配したそうですが、
本人達は全く意に介することなく、先輩の実家で一緒に
暮らしはじめました。

先輩の実家は農家で、土地も家もあるので、
ゆくゆくは先輩も農家を継ぐのかもしれません。

結婚披露宴は出産後だったようで、赤ちゃん連れの
結婚式でした。
式は地元の公営会館を借りて開かれたようです。
その時の写真を見せてもらったのですが、
かなり驚きました。

公営の施設ですから仕方ありませんが、
とても披露宴会場とは思えない質素な部屋で、
まるで会議室のような感じです。
さらにテーブルも、会議用テーブルに白いテーブルクロスを
かけたような質素な感じです。

お料理も地元のケータリングサービスとおぼしき
質素なものでした。

そして出席者の異質さにも驚きました。
女性はほぼ全員がかなり明るい色の茶髪で、
ドレスもキャバ嬢にしか見えないようなものばかりでした。

男性も多くが茶髪で、黒シャツにど派手な紫色の
スーツの人もいます。
私の同僚はシンプルな装いだったので、
かえって浮いて見えました。

彼らはほぼ全員が地元就職組で、多くは就職後まもなく
結婚しているそうです。

東京の若者とは違うんだなぁとつくづく思いました。

でも、みんな幸せそうで、笑顔で結婚を祝っていました。
東京で就職していると、会社の付き合いで、
あまり親しくない人の結婚式にも出席しなければならない
こともありますが、
写真の中の彼らは皆、心から仲間を祝福している
感じがします。

実は、結婚後も地元の仲間たちは頻繁に集まり、
バーベキューをしているのだそうです。

お世辞にも柄が良いとは言えませんし、
裕福でもなさそうでしたが、地元に根付いて生きてゆく力、
仲間の結束の強さは、羨ましく思いました。

-マイルドヤンキー
-,