母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

マイルドヤンキーの特徴

2016/07/15

上京した青年が地元で見るマイルドヤンキー。
地元を離れた故に冷静に彼らを見つめることができます。
そんな青年が感じた地元に残った友人たちの特徴は?

マイルドヤンキーという幸せな生き方

私は25歳の会社員で、就職5年目になります。
大阪の地元から離れ東京で働いています。

年に数回は地元大阪に戻ってくるのですが、
実家のある地域には、マイルドヤンキーが多いです。

小学校の頃から、毎年恒例の夏祭りがあります。
そのお祭りでは、いつも母親が出店をやっていることもあり、
仕事を休んで手伝いにいきます。

その祭りには同級生たちの多くが参加しています。
彼らの団結力はとても強く、誰一人として、
今年は参加できないとは言いません。

地元も祭りも大好きで、両親に対し
「ここで産んでくれてありがとう」という雰囲気が
伝わってきます。

私は地元を離れた人間なので、懐かしさがありながらも、
一歩引いたところから、少し冷めた感情で彼らを
見ていますが、
友達との友情、地域住民の結束力は羨ましいと
思います。
東京で一人暮らしをしていると絶対に味わえない
温かみがあります。

そして、そんな冷静な私が彼らを見たときに、
幾つか特徴があると思いました。

今日はそれをピックアップしていきたいと思います。
まず1つ目は、残業のない仕事をしている人が多いということ。
男性でも18時には仕事を終え、その30分後には家で
夕食を食べています。
それで生活が成り立つことは素晴らしいと思います。

2つ目は、皆音楽の趣味が同じ気がします。
カーオーディオから流れる歌は、誰に車に乗せてもらっても
同じことが多いし、「母親に感謝」的な歌が多いです。

3つ目は、車は軽自動車であること。
軽のワンボックスで、維持費も燃費も安いことに
誇りを持っています。
そして、葉っぱ型の芳香剤をルームミラーに付けています。

4つ目は休日のお出掛けは、イオンかドン・キホーテが多い
ということです。
日曜日の日中にイオンに行くと、誰かしらに会います。
しかも家族連れでいることが多いです。
何でも揃って楽しいし、子供も喜ぶと話していました。

最後は若くして結婚する人が多いことです。
早い人だと18歳未満で結婚し、子供がいる人もいます。

価値観は人それぞれですが、
マイルドヤンキーも幸せだと思います。

-マイルドヤンキー
-