母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

子どもの貧困の現状と対策

2016/07/22

近頃では、貧困に悩む子どもの数が増えており、
社会問題となっております。
この問題には、一体どのような背景があるのでしょうか。
政府はどのような対策を考えているのでしょうか。

親が貧困であるため子どもも貧困になってしまう

子どもの貧困とは、すなわち親の貧困でもあります。
親が無職であったり、働いていたとしても収入が低い場合は、
子どもを養っていくことが難しいという問題が起こります。

そのような状況の家庭では、満足に食事も取れなかったり、
お風呂に何日も入っていないなど、子どもにとって
良くない環境に置かれていることが予想されます。

このような環境から子どもたちを守るためには、
親がちゃんと就職し、ある程度の収入を得ることが大事です。
さらに親自身が、自分は子どもを育てているという
自覚を持つことが大切です。

自分も幼少期には親に育てられてきたのだから、
その恩返しとしても、子ども良い生活を提供するべき
なのです。
逆に満足に育てられてこなかったのであれば、
同じ思いを味合わせなくないと願って然るべきです。

子どもに関する援助を手厚くするのも一つの手段

子を思う親の意気込みも大切なのですが、
なかなか就職することができないとか、
働く以前の問題として、保育園に子どもを預けることが
できないという問題もあります。

地域によっては、仕事をしていないという理由で、
保育園の入園を認められないというお役所的な発想に
悩まされる人もいるようです。

また、ひとり親世帯の場合ですと、
保育園に入園させられたとしても、子どもの具合が
悪いときには自分が仕事を休んで面倒をみなければなりません。
そのため、思うように稼ぐことができないという
こともあります。

ひとり親で必死に子育てをする人には、
行政の手厚いフォローも必要です。

もちろん、現段階でも低所得層向けの行政サービスは
整備されていますが、出生率を上げるためにも
より踏み込んだフォローが必要不可欠となります。

ある保育園では、具合の悪い子のフォローができる
保育士がいたり、近くの小児科に連れて行ってくれる
サービスをしてくれるそうです。

さらに一部の会社では、子どもと一緒に出勤が出来る
制度があり、親が安心して働ける環境を整えてくれています。
保育園代も会社が一部を負担してくれているそうです。

このような特別な待遇を受けている人たちは
少数派ですが、今後は多くの人たちが
このようなサービスが受けられる国に発展することを
期待したいです。

-子どもの貧困
-,