母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

幼稚園に存在するママ友の格差

2016/06/12

中流家庭の主婦が幼稚園で感じた「格差」があります。
ママ友それぞれ暮らしが違います。
普通に暮らしている人が上を見ていたらキリがないのかも
しれません。

子供が通う幼稚園にある格差とママ友の不思議な行動

私は決して「お金持ち」の家庭で育ったわけではありませんが、
豊かな暮らしをしていたという思いはありました。
結婚してからも専業主婦となり、主人のお給料で家族3人が
十分な生活を送ることができています。
なので、子供が幼稚園に入園するまでは、他人との「格差」を
感じたことはありませんでした。

初めて格差を感じたのは、入園前にあった集まりのことです。
「幼稚園に慣れよう、親子で一緒に遊ぼう」よいう趣旨で、
親子で動きやすい格好で来て下さい、という内容のものでした。
私はその言葉を鵜呑みにし、動きやすい格好で行きました。
なんと、なぜか全員スーツ姿です。

「場違いだし、浮いてる」。すぐに、同じ格好をした人を
探しましたが見当たりません。
スーツ姿で浮くのはまだ良いですが、
軽装で浮くのは本当に恥ずかしいです。

「この人スーツじゃないよ」と言われていそうで、
とにかく隅っこに行き、早く終了してという思いで
1時間のイベントを過ごしました。
この日以来、格差を見せつけられる日々が続いていきます。

まず、私は自転車での登園ですが、他のママ友さんは
ベンツ、アウディなど高級車での送迎です。
参観日にはエルメス、シャネルなど高級バッグが勢ぞろいです。
もちろん格好は、当たり前のスーツ姿です。

きわめつけは、親子の運動会。
さすがに、軽装でしょうと思いきやスーツ姿で走ります。
ちなみに、私はジーンズと長袖Tシャツです。
格差とはこのことだなと感じました。

特に私の住んでいる地域が高級住宅街という訳でもありませんが、
なぜかこの幼稚園にだけ「お金持ち」が集まっているようです。

私にとっては場違いで息苦しさもありますが、
子供のために幼稚園をやめるわけにもいきません。
さらに、ママ友と密に交流していないため、細かな情報を
耳にすることができず困ることもあります。

特に、お金持ちの奥様たちにイジメにあったり、
自慢話を聞かされているわけでもありませんが、
貧富の差をまざまざと見せつけられている
ようでいい気持ちはしません。

今、現在は子供も年長になりました。
格差を感じてから2年がたちましたが、
私の登園時の格好はスーツ姿となりました。

ただ、なぜいつもスーツ姿になるのか、
未だに理解できません。

-格差
-,