母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

非正規雇用の女性は貧困で苦しむ人ばかり

2016/07/09

非正規雇用で働く女性は、職場での待遇で理不尽な
思いをしているようです。
その悔しさをバネに貧困からの脱却を図るしか
幸せを勝ち取る方法はありません。

非正規雇用の女性が貧困から脱却する方法とは

最近では正社員で働く女性が少なくなり、派遣やパートで
働いているという人が増えてきました。

派遣やパート、契約社員といった働き方は非正規労働者となり、
正社員とは異なった給料で働くことになります。
正社員と同じ業務で給料に差が出てくるのです。

更に正社員にはボーナス、交通費が支給される
ことが多いのですが、
非正規労働者にはボーナスどころか交通費さえも
支給されないのが一般的です。
つまり、非正規労働者は安い賃金で正社員以上に
働かなければならないということなのです。

私も以前は派遣で働いていたことがあるのですが、
正社員同様の業務をしていているにも関わらず、
正社員と比べると安い給料で働かされていました。

もちろんこれでは不満が出ても不思議ではないのですが、
それを口にしたら仕事が無くなるのも非正規労働者の
ツライところなのです。
そういう働き方をしている人の多くは女性で、
結婚して働いているという人もいるのですが、
中には離婚して母子家庭という人もいます。

シングルマザーは職を失うわけにはいかないので、
理不尽な要求にも耐えなければならないのです。

もちろんそういう人だけではありません。
新卒の時に就職に失敗して、学校を卒業してすぐに
非正規労働者として働く女性もたくさんいます。

私は新卒で正社員で働くことができたものの、
勤め先がブラック企業で精神的にも疲れてしまい、
辞めて非正規労働者として働くことになったのですが、
結果的には貧困に苦しむことなりました。

まさに「女性の貧困」という言葉は自分の今の状況なのでは
ないかと思っています。

では、女性の貧困をどう解決していけばいいのか
ということになるのですが、非正規から正社員に昇格する
ということや、スキルアップを図って自営業という
働き方をするということでやっていけばいいのではないか
と思っています。

最近ではインターネットを通じて、個人で様々な仕事を
請け負うことができます。
私はキャラクターデザインが得意なので、
派遣の仕事と両立して、デザインの仕事をやっています。

ゆくゆくはキャラクターデザインの仕事で独立し、
「女性の貧困」から脱出したいと思っています。

-女性の貧困
-,