母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

貧困の連鎖によって苦しむ子供達

2016/06/14

貧困の連鎖はもはや他人事ではありません。
今では6人に1人の子供たちが貧困で苦しんでいます。
次世代の子供たちに負の連鎖をしてはなりません。

貧困の連鎖により苦しい思いをしている子供たちがいます

「現代の日本は先進国であり、飢えることなく
生活出来ている。」

そんな風に思っている人はとても多いです。

ですが数年前に発表された国の統計の中には、
飢えで苦しんでいる人が存在しています。
今現在は改善したのか悪化したのかの発表がされておらず
不明ですが、この国は決して「飢えることがない国」
とは言えない状況です。

「貧困」というのは現在の日本では具体的には
どのような状況を指すのかは、大勢の人は実感が無く
分かりにくいのですが、子供の貧困は年々増えてきて
いるようです。

最新の発表ですと、子供の貧困率は高く、6人に1人は
飢えているという状況です。
6人に1人ということは、1クラスが30人とすると
5人は貧困という計算です。
この貧困の原因は、貧困の連鎖によって起きているそうです。

貧しいと知識を得る機会も失われ、流れるままに結婚して
子供を産み、そして子供にかかる養育費で生活が困窮し
飢えてしまう。

もちろん養育費は自治体によって優遇措置もありますし、
場合によれば生活保護なども貰えますが、生活保護を貰うのは
恥ずかしい事、悪い事という最近の世論や政治家の動きに
合わせて貰いにくくなっています。

保護の申請も通らないという人も後を絶ちません。
そのような状況の人が弁護士を雇って権利として
申請出来ることも知らずに泣き寝入りし、またその貧困で
子供も高校にも行けず知識を得る機会を減らし、
就職も高卒枠や大卒枠では働けずに低賃金で暮らす。

そしてまた彼らが子供を産むと繰り返す。
これが貧困の連鎖です。

子供を大学まで行かせるには平均2,000万円くらい
かかるそうです。
そのお金を貧困世帯が持っている訳がなく、大卒枠で働けない
人たちは貧困の連鎖によってますます貧困になっていきます。

これは日本だけの問題でもなくアメリカでも問題となっており、
選挙の争点にもなっています。
子供達が飢えているというのは何も遠い中東や東南アジア、
中国、アフリカなどの話ではなく、日本で今身近に起きている
問題なのです。

-貧困の連鎖
-