母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

母子家庭の人々

2016/07/03

母子家庭の人たちはどのような苦労があり、
どのような気持ちで子育てをしているのでしょうか。
彼らのリアルな話に耳を傾けました。

母子家庭で育った友人

【中学校教諭の話】
夫婦二人で子供を育てることでさえ大変なのに、
母子家庭や父子家庭での育児はどんなに大変なことでしょう。

今までに出会ったひとり親家庭の親御さんたちは、
日々の生活だけで精一杯だと嘆いておられました。
何のお役にも立てない自分がイヤになるくらいです。

ひとり親になったのは自己責任だという人もいますが、
正論だけでは語れない事情がある人も多いです。

頑張るシングルマザーやシングルファザーの方々にとって、
生活しやすい環境が、今まで以上に作られれば、
日本はもっともっと良い国になると思います。

立派な母親の目の輝き

【保育園関係者の話】
母子家庭になることで一番心配なのは、やはりお金のこと
だと思います。
いくら児童手当がもらえたとしても、生活するには
まだまだ不十分な額です。

そのため昼夜問わず、働きに出るお母さんも少なくありません。
働くお母さんはもちろんですが、子供にも負担が大きいと
思われます。

知人の話では、離婚が原因で夜のお仕事に就く女性も
多いそうです。
人様に堂々と言える仕事ではありませんが、
子供を育てなければならない貧困者が
生活をするためなら仕方がないことだと思います。

立派な母親の目の輝き

【シングルマザーの部下の話】
一般的に母子家庭で育った子供は、離婚することに
抵抗が少ないというデータをどこかで見たことがあります。

なぜなら自分の親が既に離婚を経験しているから言い訳が
できるからです。
いわゆる負の連鎖状態です。

しかし、私が勤める会社の上司に50代のシングルマザー
がいます。
彼女の息子は26歳で、結婚3年目です。
可愛いお孫さんもいるようで、離婚するような雰囲気は
全くないそうです。

離婚の連鎖が多いというデータがあるにせよ、
そんなことは気にせず、幸せな家庭を築いてほしいと
思います。

-母子家庭
-