母子家庭マニュアル

母子家庭の手当を活用しよう!シングルマザーの貧困生活マニュアル

母子家庭の人が同棲したら国民年金はどうなるの

2016/06/06

母子家庭で子育てしているシングルマザーで、
彼氏と同棲しようか迷っている人もいるかと思います。
子供とうまくいくかが一番重要ですが、
手当や国民年金のことも気になるかと思います。

「母子家庭 同棲 国民年金」という話題について、
一般例を記載します。
但し、最終的な判断は、各自治体だということをご理解ください。

まず、国民年金を気にされるシングルマザーの方は、
現在、無職か週30時間未満の労働をしているかと思われます。
つまり、勤務先の社会保険に加入していない人たちです。

そして、国民年金の保険料を支払うことは国民の義務ですが、
例外として、前年度の収入額に応じて免除があります。
免除の種類は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類です。
これは、前年所得によって決まります。

つまり、同棲したからといって、国民年金保険料に影響は
ありません。
事実、結婚していても免除を受けている人もおりますので。

但し、同棲ではなく、結婚あるいは事実婚となった場合、
配偶者となります。
もし彼がサラリーマンなら、あなたは第3号となり、
国民年金保険料は払わなくても、払ったと同等の扱いになります。
彼が自営業者なら、前年所得に応じて免除が受けられるか
決まります。
※女性側が扶養される前提のお話です。

では、児童扶養手当などの現在もらっている手当は
どうなるでしょうか。
一般的には、児童扶養手当はひとり親世帯を対象にしています。
(父または母が障害者の場合を除く)

そのため、彼と同棲をしている事実を自治体側に把握された場合、
事実婚とみなされる可能性があります。
そうなれば、支給は停止されます。

ただ、これは受給する側が判断するものではありません。
児童扶養手当の支給停止に関しては、ご近所さんからの密告
から発展するケースが多いようです。
あからさまに彼が同居していることが近所に知られれば、
支給が停止される可能性は高いでしょう。

ここまで、今までもらっていたお金がもらえなくなるか
という話をしてきましたが、
そもそも大切なことは、彼氏と同棲するだけが目的なのか、
生計を共にしていきたいのかです。

お子さんへの影響も考え、チャラチャラした付き合いは
やめるべきかと思います。
子供ともども愛してくれる男性との再婚であるならば、
新しい旦那様は、しっかりと扶養してくれると思います。
そうなれば、もう母子家庭ではありません。

そもそもな話ではありますが、
同棲よりも、再婚するかどうかを考えるべきかと思います。

-母子家庭
-, ,